IMG_0936

Arduino Nano互換機から煙が出たの巻

昨日届いた、中国製の激安Arduino Nano互換機ですが、
(見てない人はこちら「中国製の激安Arduino Nano V3互換機($3)を買ってみた」)
今日のお昼頃、早速1機、壊してしまいました。

Arduino Nanoを動かしたまま、ブレッドボードでゴニョゴニョ配線していたのですが、
突然、Arduino Nanoくんから、煙が、、、。
そして、プラスチックの溶ける独特の匂い。

IMG_0939

はい、やっちゃいました。
あとから良くみると、電源とGNDを直結してしまってました。
溶け跡から推測するに、USB接続のチップ部分が焼けたもよう。USBを認識しません。
ということは、USB以外で書き込みするなら、きっといけるんだろうなーと予想。
(あとで試してみよっと。)

IMG_0940
早くもお蔵入りとなったArduino Nanoくん。
マジックで書かれた「焼けた。認識せず」の文字が、哀愁を漂わせます。

IMG_0942
私にしては、ハンダ付けも上手くできたのに、、、。

ちなみに、過去やらかしちゃった事例としては、
ReadBearLabのBLE Nanoを電池で動かすのに、
+とGNDを間違えて逆に配線しちゃったことがあります。
これは、本体がめっちゃ熱くなって気がついて、冷ましたら無事復活しました。

まあ、今回壊したのが$3のArduino Nano互換機だったので、他のじゃなくて良かった、と思うようにします。
みなさんもお気をつけください。

2015/04/22追記

今日も1機、Arduino Nanoを焼いてしまい、2日連続で焼いたことに。
これまで使っていたReadBearLabのBLE Nanoや、Arduino Nanoでは、そんな簡単に焼けなかったので、
安い分、そのあたりの防止のための回路がケチられてるのかなーと。

というわけで、3機買ったArduino Nano互換機ですが、
届いて2日目にして、残り1機となってしまいました。

この記事を書いた人

福西真奈株式会社ドラプロ 代表取締役Twitter:@dorapro_mana
株式会社ドラプロ(http://www.dorapro.co.jp/) 代表取締役。
iPhoneアプリ開発/WEBシステム開発をやっています。
Pocket